【反面教師】リストラされるまでの20代サラリーマン生活をさらしていく② | 30代独身OLでしたがリストラされました。

【反面教師】リストラされるまでの20代サラリーマン生活をさらしていく②

スポンサーリンク

こんにちわ、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO)です。
前回記事と同様、サクラダの20代サラリーマン生活をさらけ出していきたいと思います!

今回は特にプライベートや飲み会、交友関係についての話になります。特に社会に出て世界が広がっていく若い方にとっては「交友関係の選択」は非常に重要ですので、その失敗例として反面教師にしてもらえれば幸いです。

サクラダ
サクラダ

今回はサクラダがどういうプライベートタイムを過ごしていたかも晒します。「こういう生活を過ごしていたらリストラされちゃうんだなぁ」と反面教師にしてください!

サブマネージャーに昇進!サクラダの全盛期!!

「たまたま」が重なって昇進!

有能なサラリーマン

前回記事のとおりポンコツな20代前半を過ごしたサクラダですが、20代なかばごろにサブマネージャーに昇進しました!(※サブマネージャー→マネージャー→課長、という昇進ルート)

え!昇進できたの!?なんだ、サクラダ”できる人”なんじゃん!

…と思われる方もいるかもしれません…(え?いない?)しかし、この昇進は色々な「ラッキー」が重なってできたものだったのです。

✔ たまたま部署編成があり、詰まっていた上司達が異動になった
✔ その中で、たまたま経験のある中堅プレイヤーが私しかいなかった

一応、私の昇進を推してくれた上司は私の根気のあるところを評価してくれたらしいです。

また、私の長所として人にものを教えるのが好きで、年齢や職級が下の人にもコミュニケーションを積極的に取っていったのも大きかったみたいです!わりと後輩やメンバーには評価高かったんじゃないかな~と自負してます!

【関連記事】後輩との関係性についてちょっと触れてます↓

 
 

せっかくの好条件を不意にしたプライベート…

お~!たまたまの昇進とはいえ、自分の強みが発揮できるっていいじゃない♪

サクラダ
サクラダ

って思うでしょ?

サクラダ
サクラダ

でも、この順風満帆のこの頃でさえ、サクラダはちょっとヤラカシていたのです…

なにーーーー!?

20代なかばや後半って、ある程度自由にお金や時間を使えるようになりますよね。サクラダも例に漏れずです。そして気を良くしたサクラダは、「私ったらちゃんと昇進もできたバリキャリ女性だし?」と調子こいて空いている時間に飲みまくっていたのです…。。
当時はたまに出張や転勤も入っていたため、そのたびに飲みオフ会なるものにも参加していました。サクラダはそれまで厳しめの実家に住んでいたため、羽を広げてしまったんですね~(苦笑)
「新しい場所で新しい知り合いが欲しい!世界と見識を広げるの!」「異業種交流会のようなものよ!」ともっともらしいことを言っては飲みまわっていました。しかしそれはあくまで言い訳にすぎません。ていうか「異業種交流のようなもの」と称して飲みまわるくらいなら、本当の異業種交流会に参加しろよって感じですよね…。まぁ、結局遊びたかっただけなんですよね。

あれだけの時間やお金を浪費して、当時たくさん出会った人の中で今も関係が続いているのはたったの一人。それも転勤先で会った遠方の人なので付き合いはSNS上のみ。それでもその方は
本当に尊敬できる人なので、そのこと自体には後悔はないのですが…。

あれっでも今までの記事で「20代は仕事が忙しすぎて家と職場の往復だった」って言ってなかったっけ??

サクラダ
サクラダ

ぎくっっ!
転勤や出張時には余裕があった時もあったのです、一瞬…

サクラダ
サクラダ

ちなみに一緒に転勤して、その間読書や自己研鑽を重ねていた私の後輩はしっかり出世していました…

ちょっと余裕が出てきたときに遊んじゃうか、冷静に自己投資できるか…が分かれ目だったね。

成功している人達が口をそろえて「ムダな飲み会には出るな」「あなたの周りにいる最も近い5人の平均年収があなたの年収だ」「自分を変えたければまず人間関係を変えろ」とよく仰っているのがとても良~く分かります。私は失敗例なのですが…。

本当にあの飲み会のお金、ムダだったな~…
あのときの時間とお金、もっと自己研鑽につぎ込んでいれば、リストラは免れないにしても自分の市場価値はあがっていたはず。その辺りの意識がひたすら低かったのが本当に悔やまれます。

恐らくこれを読んでいる方の中にも、将来転勤などで別の地域へ住むことになる方もいると思います。その場合、その転勤先でのネットワークは会社以外では原則作らなくて良いと思います。どうせ続かないから。その地方での知り合いが欲しいということであれば、社内の現地採用の方と仲良くなっておけば十分ですからね。

とはいえ、人との関係性を「この人は私に有益か否か?」で判断するのはちょっとシビアすぎる気がしますよね。「この人との関係性は5年10年経っても続いているだろうか(続けたいだろうか)」という観点でその人付き合いや飲み会を見つめなおしてみるといいかもしれません。

 

✔ ムダな飲み会には出るな!!金と時間のムダ!
 (ムダな飲み会ってそのときはすごい楽しいし有意義だと思ってしまうので要注意)
✔ 転勤先や出張先では社外でのコミュニティには入らなくてOK
✔ 人間関係は「この人(このコミュニティ)と5年先も付き合っているだろうか」という基準で判断すべし

はじめての部署異動で意外な事実が発覚…

タイピングする猫
                                cheetahさんによる写真ACからの写真

そして仕事もプライベートも(…)ハッスルしていた20代半ばも終わりに差し掛かったころ…

人生で初めて大きい(部署をまたいだ)異動がありました。

そこで、私のビジネススキルに関する意外な事実が判明します。

ポンコツ社員のサクラダに、いったいどんな事実か!?

次回、こうご期待!

じらすなぁ…

サクラダ
サクラダ

今回の記事が意外と長くなってしまったのもあるけど、わりと自分の中でおおきな気づきになった事実だったのでゆっくりお話ししたいと思います!ではまた。