再就職体験記#06「離職期間のリスクについて改めて考えてみた」~会社を辞めることになったけど少し休もうと思っている人へ~ | 30代独身OLでしたがリストラされました。

再就職体験記#06「離職期間のリスクについて改めて考えてみた」~会社を辞めることになったけど少し休もうと思っている人へ~

スポンサーリンク

こんにちは、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO)です。

相変わらず書類審査で落ちまくっている日々なのですが、この書類審査に関して分かったことがあって結構凹んでいるので記事にしましたよ。

なになに、いきなりどうした?

いえ、書類審査に限らず、例えば「これから会社を辞めた後にちょっと一休みしようかな…したいなぁ…」と思っている人に読んでほしいです。

サクラダ
サクラダ

いや~、厳しいとわかってはいたのですがイザ現実を突き付けられると結構くるものがあるなぁ…

 

うわっ 私の書類審査通過率、低すぎ…?

再就職活動
やっぱりお断りメールは凹むものです…

サクラダは大手転職サイトのdoda(デューダ)から書類審査を応募することが多いです。特に理由はないのですが、見やすかったり求人数数も多いので、つい開いちゃうんですよね。

dodaの場合は①企業に直接応募できる求人と②dodaのエージェント経由で応募できる求人の2パターンがあるのですが、まぁ落ちる落ちる。

なんぼなんでも書類審査で落ちすぎよな?と思っていたのですが、ネットで調べてみたところdodaの書類審査通過率の低さは皆さんも感じているようでそれについての記事がいくつかヒットしました。

サクラダ
サクラダ

よかった、dodaの書類通過率が低いと感じていたのは私だけではなかったのね~…

それらの記事の内容を見てみると、エージェント経由のものはdodaのエージェントがかなり応募者を振り落としているのでは?とか、離職期間のある人はまず落とされる傾向が強い、などと書かれていました。(※いずれもその方個人の見解です)

離職期間…あっ(察し)

でもまぁそれはそれで当然ですよね。天下のdodaさんなんて1つの求人に応募してくる転職希望者がたくさんいるだろうし、その中であえて離職期間のある人間を出すリスクは全くないですから。

▼落ちるとわかっていても、見やすいし検索もしやすいのでつい開いてしまう…▼

離職期間があると再就職が難しくなると、理解はしていたが…

しかし、ここまでであれば想定の範囲内です。離職期間がある以上、ある程度の通過率の低さについては覚悟していたところ。

しかし、再就職活動を進めていく中でちょっと衝撃の数字を見ることになってしまったサクラダは、さらにショックを受けることになります。

なんだなんだ、不穏だな…

サクラダ
サクラダ

ふふふ…

【関連記事】書類審査でむちゃくちゃ落とされている話

うわっ求人に対する応募者数…多すぎ…!?

1つの求人に対する応募者の数が想像以上だった!

転職エージェントの中にはその求人に対する現状の応募者数も教えてくれるところがあります。

サクラダその数字を見て愕然。

サクラダの応募したかったある求人には求人1名に対して150名以上の応募者、さらに50名以上の検討中の人がいたのです。そしてサクラダが検討している求人のほとんどがそんな感じでした。逆に応募者数が少ない求人はやはり「うーむ、この内容でこの給料か…💦」と尻込みしてしまう条件のもの。

そもそも自分がそんな悠長に選べる立場だと思うなよ、サクラダ!

1つの枠に書類応募者数が150名、さらに検討中の人が50名。
しかもこれ多分、あくまでそのエージェント会社の中のみの話なんですよね。他の転職サイトや転職エージェント経由で応募している人を含めると、きっともっと人数は増えるはずです…いやいや、どんだけ競争激しいんだよ!!?


サクラダが退職したばかりのころ、「転職活動は極力早めにしたほうがいい。離職期間のある人と在職中の人となら、人事は100%在職中の人を選ぶだろうから」とアドバイスをもらったことがありました。

もちろんサクラダはそのリスクも承知した上で離職期間に入ったつもり…だったのですが。ぶっちゃけ当時想定していた脳内イメージとしては、1名の枠の中に数名で競っているようなイメージでした。

軽く200名(求人者数+検討者数)とは…ハッキリ言って認識が甘かったです。

恐らくこの200名の中には、在職中でかつ仕事で結果を出している人も多く含まれているはず。そんな中でサクラダが選ばれる気がしねぇー…!(絶叫)

【オススメ記事】離職期間のリスクについて詳しく教えてもらった時の記事

結論:再就職をしたいのであれば離職期間はリスクが高すぎる

まぁわかってはいたのですが、イザこのように色々な情報に触れてみると、離職期間があることは再就職活動にかなり不利だなぁということが分かりますね…

サクラダ
サクラダ

理解はしていたつもりなんだけど…。

とくに数字で見ちゃうとね~

ただ、サクラダ個人の意見ですが離職したことについて後悔はしていません。そもそも離職してなかったら書類がガンガン通ってたかっていうとそれは分からないし。
 この記事を見ている人の中には、家庭環境や心身の都合で離職せざるを得ない人もいると思います。ムリして働くと状況が悪化してしまうこともあるので、どうしても離職するな!とはいうつもりはありません。あくまで一情報として見ていただければと思います。m(__)m

ブログランキングへブログ村ランキングへ


再就職について
スポンサーリンク
スポンサーリンク
30代独身OLでしたがリストラされました。