損保ジャパンの4000人削減について、「削減された側」が物申す | 30代独身OLでしたがリストラされました。

損保ジャパンの4000人削減について、「削減された側」が物申す

スポンサーリンク

こんにちは、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO )です。

既にご存知の方も多いかと思いますが、先日このような報道がありました。
損保ジャパン、4000人削減=ITで効率化、介護分野などに配転(時事ドットコム)

また、Twitterではこのような衝撃の事実が拡散されています。

こうまとめると圧巻…。
しかも、ほとんどの人が知っている大企業ばかりですからね。

今日は損ジャはじめ、最近のリストラにまつわるニュースについて率直な意見を書いてみようと思います。

サクラダ
サクラダ

つらつら書いていくだけですが、短時間で読めますので目を通していただけたら幸いです。

ニュースで見聞きすると「ただの数字」で終わってしまう恐怖

リストラ・解雇通知書

ニュースで「4000人の人員を削減!」と聞くと、(はぁ~、すごい人数だなぁ)なんとなく終わってしまいます。

さらに恐ろしいと思うのは、4,000人とか60,000人とか数が多ければ多いほど一集団、ただのひとつの大きな塊としてとらえられかねないということ。

4000人と言っても、その一人一人は「人」。
1/4,000、1/60,000にだってその人の人生が、人格がある。

サクラダは独身ですが、今回削減の対象となった中には配偶者やお子さんがいらっしゃる方もいるでしょう。
いや、独身のサクラダだって、親や恋人にリストラの事実を告げた時は本当に辛かったし、かなり辛い思いをさせました。

確かに私もリストラされる前はどこか他人事だった部分はあるけど
リストラ後はやはりこういうニュースを見るたびになんとも言えない気持ちになるよ。
フォロワーさんも「リストラされた気持ちはリストラされた人にしか分からない」って言っていて、本当にその通りだと思った。

「リストラされるような社員が悪い」のか

リストラされる社員

こういう人員削減に関するニュースが流れるたびに良く言われるのが、このような自己責任論です。

・リストラされるような無能な社員が悪い!
・自分の市場価値を高めようとせず、怠けたからこうなるんだ。
・会社に胡坐をかいて安心していたからだ

確かに資格や語学スキルを磨いたり、もっといろんな勉強を重ねればリストラされなかったかもしれません。
しかし中には上司へのゴマすりなどで会社に生き残る人もいるので(それはそれですごいスキルですが)、必ずしもその人の勉強不足や努力不足がすべてではないのでは?と思っています。

そして少なくとも40代以上の人たちについては、新卒入社当時は
「良い大学を出て、大企業に入れば安泰。はやめに家族を作って、車や会社をローンで購入して一人前。」
という時流の中にいたはずで、その目標に向かって頑張っていた人に対して自己責任だ!とは私は言えないです。

そもそもこのくらいの大企業であれば、職種にもよりますが平日は仕事でいっぱいいっぱいである可能性が高い。
そして土日は家族サービスや子供の世話をしていたり…であれば、自己研鑽をすること自体現実的に難しいのではないかと思います。

「副業をすればいいじゃないか」という意見もあるかもしれませんが、
このような状態で副業というのは時間的に厳しいものがある。
おそらくどんなに頑張っても本業のPDCAや、本業に関わる資格や勉強なんかで
副業までに手を回す余裕はないと思います。

また、今回あげられている大手の金融企業って副業規制が厳しいので、
より一層副業に対するハードルは高いです。
今後はもしかしたら軟化するかもしれませんが。

実際、私もリストラされてからブログをはじめましたが
働いていた時にこれ(ブログ運営)ができていたかというと正直厳しいですね…。
(今はだいぶ慣れてきたので、これから就職してもおそらく続けられるとは思います。)

サクラダは独身で時間もお金もある程度確保できるなかでのリストラだったので、
完全に自己責任、でいいです。
ただ、リストラされた人の多くが無能な用ナシ社員とは思わないでほしい。

最後に

なんだか本当につらつらと、自分の言い訳じみた感想を書くだけの記事になってしまいました…。

ただ、ネット界隈などでは事情も知らずにリストラを受けた側を叩く人たちが多く、なんとも言えない気持ちが積もり積もっていたので、リストラされた側からちょっと物申してみました。

どんな人材であれ、長い間その会社や社会に貢献してきたということは確か。
会社や政府にはかけたハシゴをあっさりはずすだけではなく、もう少し1/4000、1/60000の人たちのことを考えてくれるようになるといいな、とも思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。こちらからポチしてもらえると励みになります!↓