意識低い社員シリーズ①:「これ以上仕事から学ぶものがない」の意味が分からない件 | 30代独身OLでしたがリストラされました。

意識低い系シリーズ①:「これ以上仕事から学ぶものがない」の意味が分からない件

スポンサーリンク

こんにちは、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO)です。

サクラダ
サクラダ

ハイ、いきなり始まりました!新企画「意識低い社員シリーズ」!

タイトルからしてとんでもねぇな

このシリーズでは、意識低すぎてついにリストラされたダメ社員・サクラダの仕事に対する思考についてシェアしていきます!

サクラダ
サクラダ

「わかるわかる~~!」と共感してもらっても良し、反面教師として見てもらっても良し!です。

世の中には『意識の高い言葉』であふれかえっています…。
Twitterなどのネット界、同じ会社の社員さんetc,etc…

そんな『意識の高い言葉』に対してサクラダが「ん!?」と思ったことをさらしていきたいと思います。

後輩「もうこれ以上仕事から学ぶことはない」←は?

20代サラリーマン

サクラダの前いた会社の後輩・I君。
たしか私よりも2年ほど後輩で、この仕事は5年目くらいの子だったと記憶しています。
そこまでずばぬけて仕事がデキる!という訳ではないのですが、コミュニケーション力も高く、20代からビジネス本をたくさん読んでいる等意識の高い男の子でした。

そんなI君の発言がこちらです。

課長
後輩

今の仕事でやるべきことはあらかたやりつくしましたよ。もうこの課にいてもこれ以上学ぶことはないですし、もうすぐにでも別の課に異動したいですね。

みなさん、この発言を聞いてどう感じましたか?
「あー、そういう時ってあるよね、分かる分かる」と感じた方もいるかもしれません。
が、サクラダはこの発言を聞いて耳を疑いました。

サクラダは大学時代のアルバイトから今の今まで、「これ以上この仕事から学ぶことはない」「大体やりきったわ~」などといったことは一度も思ったことはないからです。

一番の理由としては
単純にサクラダのスキルが低いためそこまで考えられる余裕がないから。が考えられます。💦

そして二番目の理由としては
仕事は案件によって微妙に内容が異なります。関係者やお客様や取り扱う内容が全く同じであることは絶対にありえません(これは業務内容にもよるとは思うのですが…)

少し内容が違えば景色がガラっと変わるように見える。
そんな単純思考のサクラダは今まで飽きたり見切りをつけたりすることもなく仕事に集中することができたのかもしれません。

常に仕事を楽しめる人なのでそれはそれでトク(!?)かもだけど。

少しでも内容が違えば学べることはある気がするので、最初の後輩の言葉には驚いたものです。
(ていうか、もうやることがないなら自分から仕事を取りに行けばいいだけなのでは…。。)

サクラダ
サクラダ

意識の高い人はまた違うマインドなのかな…

細かい仕事の内容よりも『この仕事は自分にとってプラスになるのか?』という視点のみで考えているのかもね。

番外編:大学生のバイトは無意味か否か?

少し前ですが、TwitterやYoutubeでこういった意見を散見しました。

大学生のバイトは無意味!スキルにつながらないし時給もたかがしれている。そんなことに時間を浪費するくらいなら自己研鑽するべきだ

この意見をはじめて聞いた時も、ちょっと驚いてしまったんですよね。

いや、分からないではないんですよ
学生の本分は学業ひいては就職の前準備ですし、それがバイトに偏ってしまうくらいならもっと自己研鑽にはげめ!というのは正しい意見だと思います。

しかし高校時代にバイトが校則でNGだったサクラダにとって、大学時代のバイトは初めての労働の機会であり社会との窓口だったんです。
学生にとってお金を貰える喜びを得られ、かつ色々な人と触れあえるアルバイト。きっとやりがいを感じることもたくさんあるでしょう。

そんなアルバイトの存在自体を無意味だと全否定すらするような意見もあり、結構な衝撃を受けたのです。

恐らく、誰でもできるような仕事または少し働けば把握できるような仕事であれば、やっている意味がない。ということなのでしょう。上述のI君の思考と少し通じるところがありますね。

ちなみに、サクラダが大学時代にやったバイトってなんだったの?

サクラダ
サクラダ

えぇっと、地元のマッタリパン屋さんで大学時代の4年間バイトをしていました!レジとかパンだしとか!

(まさに意識高い系の人たちが切り捨てそうなアルバイトだな…てか、その内容で「社会の窓口」は言いすぎなんじゃ…?

サクラダ
サクラダ

なにか?

(!)あ…い、いや、うん、おいしいよね!リトル〇ーメイド!

※結構お高めの美味しいパンがバイト価格でGETできたのでそこもありがたかったです♡

ちなみに、環境によっては「どうしても学生時代にバイトをする必要があった」方も多くいらっしゃると思います。もちろんこの記事はそういった方々まで否定する意図は全くありませんので、その点はご了承ください。

まとめ

いや~、意識高い人たちの思考というのはよく分かりませんね…

前述した通り、こういった方々はとにかくストイックに仕事を見ているので
サクラダの「とにかく働けることがありがたい!少し業務内容が違えば飽きないし楽しい!勉強になるわぁ~」という思考とはかけ離れたところにあるんでしょうね…。

この意識低い社員シリーズ、またネタがあれば書いていきたいと思いますのでお楽しみに~☆

ブログランキングサイトに登録しています。ポチしてもらえると嬉しいです!↓