【高年収】ダメリーマンのサクラダがそれでも年収700万を達成した理由3つ【再現性低め】 | 30代独身OLでしたがリストラされました。

【高年収】ダメリーマンのサクラダがそれでも年収700万を達成した理由3つ【再現性低め】

スポンサーリンク

こんにちは、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO)です。

過去の記事で何度かお伝えしていますが、サクラダはリストラされるくらいには仕事がデキない人間です。『こりゃリストラされるのもしゃーねーな』くらいにはダメリーマンでした。

その様子は別記事で見ていただくにして、今回お話するのはそんなサクラダでさえ実はリストラされる直前には年収が700万をこえていたということ

ウソやん!?

サクラダ
サクラダ

マジです。証拠はこの記事のアイキャッチを見てね

こんなありえないほどのダメリーマンだったサクラダが、それでも700万円という比較的高い年収を稼げたのはなぜか?…いくつか理由を考えてみました。

もちろん「こういうことをしていればバリバリ出世できるぜ!」みたいな意識高い系のノウハウではないので、今現在働いている方というよりは、就職活動前の学生さんや転職を考えている方向けの記事になります。

 

そもそも高年収が狙える業界で働こう!

高年収の業界

こういっちゃミもフタもないのですが、そもそも全体的に年収が高めの業界にいないと高年収はねらいにくいかと思います。

例をあげてみるとこんな業界が当てはまるでしょうか。

・商社
・コンサル
・金融

サクラダはこのうち[商社]を選択したわけです。

サクラダ
サクラダ

正直、年収狙いで商社に入ったわけではなく本当にたまたまだったのですが…。


もちろんこれらの職種はお給料が高いぶん、精神的にも肉体的にもキツイです。
当然ミスは許されないですし、出世競争も激しく、転勤や単身赴任・休日出勤などプライベートをある程度犠牲にする必要があるでしょう。
その辺りはある程度の覚悟をしつつ、極力ホワイトな会社を選んで入社しなくてはなりません。

金融はフィンテックが発達して縮小傾向な印象だから注意…

サクラダ
サクラダ

まぁそれ言っちゃうと事務系は全部それよな。

あと傾向としては、本社が都心にあるか地方にあるかも重要かなと。

都心に住んでいるけど「本社が地方にある会社」で働いている人
よりも
地方に住んでるけど「本社が都心にある会社」で働いている人
のほうが年収が高い傾向にあるかと思います。

『高年収業界はちょっとキツそうだな…』という方は、せめて本社が都心にある会社を選ぶとベター。

そこそこの大学を出て新卒カードを切れ!

学歴だなんて古い時代の悪しき習慣だ!
この時代、学歴なんて関係ない!

と声高に叫ばれて久しいですね。
確かにそのとおりではあるものの、やはり就活世界において学歴フィルターは存在します。
後でも触れますが、特に高年収が狙える業界では旧態依然の風土が根強く残っているため尚更です。

サクラダが無能のくせに高年収の業界に入れたのは、少しは名の知れた大学を卒業し、その学歴を新卒というタイミングでいかんなく発揮したためです。

って、『少しは名の知れた大学』って具体的にはどんなところよ?

サクラダ
サクラダ

(サクラダはMARCHではないのですが)いわゆるMARCHクラス以上は出ておきたいです。正直MARCHクラスなら一浪は許されるのでは、とすら思います。社会に出たらあまり年齢や浪人って関係ないですしね。

サクラダもいま転職サイトを見ているところですが、転職の時ですら大卒資格が必須のところもありますからね。

そして、『新卒』というのは『最強の資格』です。
特に前職で良い働きをしなくてもポテンシャルで採用してもらえるのですから。
極力新卒カードをきる会社は激選しましょう。

【関連記事】サクラダも意外と努力家なんだよというお話

同じ会社にはできるかぎり長期間働くべし

高年収が狙える業界の会社で働き始めたのであれば、極力長い期間その会社で働きましょう。サクラダももちろん最初から年収700万円だったわけではなく、最後の2年ほどでやっと年収700万円を突破したのです。

高年収がねらえる業界というのはベンチャー企業と異なり、まだまだ旧態依然なところが強く残っている印象です。長く働けば働くほど順当にお給料が上がる、いわゆる『年功序列制』もそのうちのひとつ。よほどヘッドハンティングや転職で年収アップが成功しそうになければ会社を変えるのはオススメしません。

 

サクラダ
サクラダ

まぁでも、最近は年功序列や生涯雇用が通用しなくなってきてますからね~

年収に応じた努力をしないとサクラダのようにリストラされちゃうからね!

 ちなみにサクラダはコミュ力もからきしで仕事も遅かったのですが、事務ミスだけは起こさないよう努めました。そのおかげでリストラになるタイミングがだいぶ遅らせることができたかと思っています。

まとめ

以上、サクラダでも年収700万を達成できた理由をあげてみました。
いかがでしたか?

いかがも何も、本当に身も蓋もない話ばかりでどうしようもねぇわ!

サクラダ
サクラダ

なにぶんダメリーマンなので、入社した後の出世ノウハウが書けず申し訳ない…あくまでサクラダが新卒入社した時期の話なので、今とはだいぶ違うところもありますからその点はご留意ください。

ここまで読んでくださりありがとうございました!
ブログランキングに登録していますのでクリックしていただけると励みになります↓