「やっぱりなんだかんだいって資格はとっておいたほうが良かったな」という話 | 30代独身OLでしたがリストラされました。

「やっぱりなんだかんだいって資格はとっておいたほうが良かったな」という話

スポンサーリンク

こんな人に読んでほしい
「なにか資格を取った方が良いのかな…」と思いつつも日常の業務に忙殺されている
資格を取ることよりも日常業務に集中するのが一番だと思っている
・むしろこのご時世、資格をたくさん取るなんてナンセンスだと思っている
 

【後悔】もっと資格をとっておいたほうが良かった…

リストラされて頭を抱えるサラリーマン

リストラされてから「何も持っていない」自分に気づく

サクラダ
サクラダ

「何かしら資格を取った方が良いのかな…」と思いつつも日常の業務に忙殺されている皆様こんにちわ、あなた方は20代の時のサクラダです!(笑)

サクラダはとても要領が悪いタイプで、平日は仕事の残業と長い通勤時間でいっぱいいっぱい。そんな感じだから有休もあまり取れずに休日は仕事疲れでバタンキュー…という日々を過ごしていました。20代はずっとそんな感じで過ごしてしまいましたね。

ただ本当に毎日が家と会社の往復で、家では寝るだけだったのか?と聞かれれば
今思えばあまり重要ではない飲み会や用事などで時間を割いていた期間もありました💦
(本当に仕事がきつくて仕方ない日々もありましたが!)

でも、20代は資格うんぬんよりもとにかく日常業務に集中するのが一番だと思うよ!休息や息抜きも大切だしそこはあまり自分を責めなくても良いんじゃないかな。

サクラダ
サクラダ

そうだね!ただ、その考えは正直甘かった…と30を過ぎてから思い知らされたのです。。

そして30歳を過ぎたころに宣告されたリストラ。
いざ「大手商社に働いている」自分でなくなったとき、はじめてあまりにも何もない、履歴書にかけるような資格が少ない自分に気づいたのです。

サクラダ
サクラダ

ポンと市場に出された時になってはじめて、「もっと資格をとって自分の市場価値を少しでも強化しておくべきだった!」と思い知らされたんですね。

もちろん「資格がすべて!」なんて言うつもりはないですが、履歴書でも資格欄の記載は多い方が良いだろうし自分への自信になりますしね。

「資格より日常業務が大切!」というご意見もたしかです。
ですが、その「日常業務」が”これは市場に出ても生かせるものなのか?””この社内だけで通じるコミュニケーションやただの作業になっていないか?”を常に自問すべきで、後者であれば適当に済ませてそれこそ資格などの勉強に時間を費やした方が良いというのがサクラダの持論です。

ビジネス書を読むのもいいけれど…

自己研鑽のためには自己啓発本やビジネス書を読むのもとても良いと思うのですが本を読んだところでそれは客観視や数量化できないですよね。

それこそ「私は月にビジネス書を〇冊読んでいます!そして実務にこうこうこういう効果を出すことが出来ました!」と声高らかに言えるレベルなら良いと思いますが私のような中途半端な人間にはなかなか難しいですw

もちろん「プライベートと日常業務と読書と資格の勉強すべて両立できます!」という方は別ですが、サクラダのようにたくさんのことを同時進行できない方は「仕事と読書でいっぱいいっぱい!💦」になるくらいであれば、より客観視できる”資格”を優先させたほうがいいんじゃないかなぁと思います。

じゃあ、どんな資格を取るべき?

英語の勉強

〇〇〇に書ける資格を毎年取得していたサクラダの先輩

サクラダの先輩に、「履歴書に書けるレベルの資格を毎年取るようにしている」という人がいました。勿論、それだけが理由ではないと思いますが、彼は先輩同期のなかでも一番の出世をしていました。

趣味とか日常業務と関係のない資格も、好きでとるのであれば良いと思います。
しかしせっかくであれば「これは転職活動の時に履歴書に書けるだろうか」という価値基準で選んでみるとイメージがしやすいのではないでしょうか。

会社の「波」に乗れ!

あなたが会社に勤める人であればもちろん日常業務に関連する資格を取るのが一番いいのですが
どのような資格を取ればよいのかわからなければ、先輩や上司にそれとなく聞いてみるのもテ。

どうしても「とるべき資格が分からない!」!ようなことがあれば、もし部署や会社全体で押している施策(例えば英会話やシステム関係など)があればそれに関する資格をとるべきでしょう。

「そんなのなんだか会社に迎合しているみたい…」と抵抗があるかもしれませんが、実体験上サラリーマンなら会社や部署の施策に乗っとくのが結局良いです!(笑)

終わりに

サクラダ
サクラダ

とりあえず、いざリストラにあって「もっと資格とかとっておけばよかったな」と強く感じたのでそんな人間の反省エピソードでした。是非みなさんの反面教師になれればなと思います…。

在職中にも資格を取り続けることは会社や上司に良いイメージを与えることは間違いないしね。

サクラダ
サクラダ

サクラダのように日常業務で忙殺されて資格取得まではなかなか…という方もたくさんいるかと思います。

ただ、ちょっとずつ、例えば20代のうち1~2年で1つ資格をとっていけば30代になったころには履歴書に書ける資格が3つか4つ増えているという計算。これは何もせず20代を過ごしていったサクラダのような人間と比較すると大きいアドバンテージですよ!!

【おまけ】私は本当に「資格を持っていない」のか?

この記事の一番最初に「履歴書に書くべき資格をとっていなかった」と記載していますがよくよく考えてみたら日常業務の中で必要に迫られて取得した資格がいくつかありました…!

少し前にとった資格だったし、本当に日常業務に密着した資格すぎて忘れてました(笑)
でもいちおう履歴書にも書けるは書ける!こういうこともあるので「どうしよう、資格全く取ってないよ~」という方はしーっかり思い出してみると良いかもしれませんよ。記憶の底に、実は取得していた資格があるかもしれません…。

サクラダ
サクラダ

でも自発的にもとっておいて損は絶対にないです!もちろん!

あなたがとりたい資格の情報もあるかもしれませんよ!↓