【体験談②】30代独身OLがリストラ宣告された日~突然の残酷な宣告…私の回答は?~ | 30代独身OLでしたがリストラされました。

【体験談②】30代独身OLがリストラ宣告された日~突然の残酷な宣告…私の回答は?~

スポンサーリンク

こんにちわ、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO )です。
アラサーの独身OLでしたが、先日正社員として10年以上働いていた某商社からリストラされました。このブログではそのリストラ話や周辺情報をまとめていきますので、ぜひ反面教師にしてもらえれば幸いです。

サクラダ
サクラダ

今日は私がリストラを宣告された日の体験談の続きです。

 

 

【今記事のダイジェスト】
思いもよらなかった、突然の課長からのリストラ宣告。
そのときのサクラダの回答は?
そして、そのように回答した”理由”とは?

 

営業不振による課の編成を通達されてから直後、課長からまさかのリストラ宣告をされたサクラダ。「あぁ、これはリストラだ…」と認識するまでに時間はかかりませんでした。

 

 

切られたんだ…私は…。

この人から、この会社から。

 

「課の編成(人員整理)」ということは、もちろん「課に残る」人もいるということ。
その中で私は「あなたはいらないよ」とハッキリ言われたわけですね。

キツイな…!

10年以上必死に働いてきた結果がこれか…。。

そんな感じのワードが頭いっぱいに浮かんでは消えている私を尻目に、課長や人事部長からは淡々と早期割増退職金制度や再就職支援制度についての説明がなされていました。

 

突然の残酷なリストラ通知に、サクラダの回答は…?↓

 

 

リストラ宣告に回答するサクラダ。

引くほど即答で承諾。

 

 

えええ!もうちょっとなんか、驚いたり怒ったり、泣いたりとかないんかい!?

サクラダ
サクラダ

いやぁ、正直10年以上も働いているとわかるじゃないですか。ああ自分、会社のお荷物だなって。

社歴は長いのにずーっと鳴かず飛ばずで数字もパッとしない。先輩や上司から「デキる子」とか「エース!」なんて呼ばれる夢ももうかつてのもの。

同期は早い人だと課長補佐クラスまで出世している人もいるし、先輩のなかには今の私よりも歳下のときに課長クラスになっていた人もいた。
「でも、彼らは男性だから…」という言い訳を必死に自分にしていたけれど、正直後輩の女性で仕事ができる娘とかもたくさんいて本当に居づらかったんですよね。

 

もちろん私も私なりに努力はしたつもりなのですが、まぁ空回る空回る。

きなこもちさんによる写真ACからの写真

サクラダ
サクラダ

 そもそも効率的な努力をちゃんとできる人だったらリストラなんてされないんですよ!

いきなりの逆ギレ!
まぁでも正論だね。

 

一生懸命働いていてもずっとこんな感じだったから、正直リストラされても全くおかしくないというか。むしろ今までよく切られていなかったね…!という感じなんですよ。(おい)

 

 

 
サクラダ
サクラダ

みなさんの会社にも「この人使えないな~」と思われている人が一人はいるかもしれません。多分、その本人も「自分使えないな~」と自覚はしているはずです。優しくしてあげてください…

ちなみに、すぐ回答してしまったこと自体には少し後悔しています。詳細はこちらの記事をご覧ください。↓

次回はリストラ宣告の場でどのような話が展開していくのか、リアルな会話をお話しします。
もう少しお付き合いくださいませ~。

次回記事です↓

↓コイツ可哀想だな、と思ったらクリックしてあげてください…(;人;)↓

サクラダ
サクラダ

ご覧いただきありがとうございました!