「会社にしがみついている人」への"対処法"3つ教えます! | 30代独身OLでしたがリストラされました。

「会社にしがみついている人」への”対処法”3つ教えます!

スポンサーリンク

こんにちは、サクラダ(@ieZRXxytcfOz0YO )です。

以前、「できるだけ会社にしがみついておけばいいじゃない!」という記事をあげたのですが、あれはもちろん「しがみつく側」の意見です。
今回は逆に「そんな無能な社員にイライラしている人」をターゲットにしてみました。

課長

アイツ、無能なくせに会社にしがみついて…情けないとか、恥ずかしいとか思わないのか?

先輩
 

しかも給料は私よりも高いのよ?!私の方が明らかに仕事ができるのに…納得いかない!

一度でもこのように思ったことがある方!
「しがみつき社員」「ぶらさがり社員」への対処法をサクラダが自分なりに考えてみましたので参考にしてみてください。

えっしがみついてる方のサクラダがそんなこと教えられるの?

サクラダ
サクラダ

ええ、もちろん。何故なら今日紹介する方法は私ができる社員たちに実際されたことだからね!

………(哀)

「しがみつき社員」への対抗策は?

つかえない社員に怒る上司

会社にしがみつく社員にはその自覚があるのか?

先輩
 

同じ部署に仕事できない人がいるんだけど、迷惑だしとっとと辞めてほしい!恥ずかしいとは思わないのかしら?

ハイ、恐らくそういう(仕事ができない)人は自覚はあると思います。もちろん人にもよるとは思いますが…。
自分は仕事ができない、だから次がないことまで重々分かっているからこそ、少々の恥はしのんででもその会社にしがみついているんですね。高齢の方ならば特に、です。

サクラダは『私は新卒という人生最大にして唯一のカードを使ったおかげでこの企業に入れた。自分にはこの会社を出たらなんの価値もない。』ということを自覚していたので、転職サイトや転職エージェントに登録すらしていませんでした。これこそ現実逃避、日和見です。

サクラダ
サクラダ

ただでさえ無能なのは自覚しているのに、第三者(しかもプロ)からも現実を突きつけられるとか死ぬ。

これがしがみつき社員のメンタル…!

しがみつき社員は”排斥”か”利用”をすべし!?

あなたが「どうしてもソイツと働くのが我慢ならない!」というのであれば、その人の仕事の失敗談や、その人のせいでどのくらい他の人の仕事やモチベーションに支障が出ているのか、という客観的事実をことあるごとに上司に訴えるしかないかと思います。
複数人で訴えた方が良いですね。

ただ、そういうタイプでムダに年齢や社歴が長い場合は、自分が潰される前にデキる後輩をつぶそうとしてきたりするので要注意です。実際サクラダの職場にもそういう人がいました。

サクラダ
サクラダ

下手に近づかないほうがいいパターンもある。

 

または、その仕事がデキない人が気弱なタイプなら、とことん利用するのもアリです。

具体的にはこの2つ。

① 自分の仕事をその人に頼んで(押し付けて)、やってもらう。
  そして自分はさっさと帰る。
② 自分の仕事の成功話でマウントをとり、ストレス発散する。

①②ともに、「自分は仕事ができない」という自覚があればこそ、その人は悪い顔一つせず受け入れてくれるはずです。

サクラダ
サクラダ

「なんでそんな酷いことを思いつくんだ、サクラダ!?」と思われそうですが、なんでかと言うとサクラダはこの①②ともにされたことがあるためです。そして本当に堪えたから。

 

①については「私が残業して雑用をすることで部署全体のプラスになっているんだ」とプラスにすら思っていて、他の人から個人的に(上司を通さずに)頼まれた仕事をいっさい断ることなくやっていました。

②については同期で、かつ職級が私より低かった人からのマウンティングでした。
やれ今期の評価がとても良かっただの、サクラダに期待しておらずキツイ扱いを受けていた上司から私はこんなことを誉められたわ~、だの。
よほど仕事がデキない私が彼女より職級が上だったのが気にくわなかったんでしょうねぇ…。

サクラダ
サクラダ

なぜ私のほうが職級が上だったのかというと、たまたま私の方が入社のタイミングがはやかったためです。なのでのちにその娘は昇級して、私とおなじ職級になっています。

 

まとめ

さて、今回のテーマは「会社にしがみついている人」についての対策案でした!

①ひたすら排斥にはしる。
②仕事を押し付ける。
③マウント相手にする。

以上3点について紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
すべてサクラダの実体験に基づくものです(苦笑)

これで、仕事のできない同僚にイライラしているアナタの手助けになれば幸いです。

サクラダ
サクラダ

こんなどうしようもないネタでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!!

「読んでるだけで悲しい…」と思ったらこちらをポチ☆お願いします!!↓